Subsections


6.1 独自コマンドの使い方

解析システムでは以下の独自コマンドを用意しています。
表 6.1: 独自コマンド一覧
名前 概要
lpall ファイルをプリンタに出力する
userinfo ユーザの情報を表示する
modify_userinfo ユーザ情報を変更する
nfsdf lfs[01-16]の空き容量を降順に表示する


6.1.1 lpallコマンド

lpallコマンドを使用することでPS・PDF・テキストファイルの片面・両面印刷を簡単に行うことができます。
使用方法
    $ lpall -d [プリンタ名] {-L,-K} [ファイル名]
オプション
    -d: プリンタ名を指定するためのオプション
    -L: 長辺綴じ両面印刷を行うためのオプション
    -K: 短辺閉じ両面印刷を行うためのオプション
使用例
    $ lpall -d nwp-m1 test.ps(test.psをnwp-m1で片面印刷)
    $ lpall -d nwp-m1 -L test.pdf(test.pdfをnwp-m1で長辺綴じ両面印刷)


6.1.2 userinfoコマンド

ユーザのログインシェル、メール転送先アドレス、名前(GECOS) を表示します。ユーザ情報の表示には解析システムのパスワードを入力する必要があります。
使用方法
    $ userinfo 
使用例
    $ userinfo
    Enter LDAP Password:
    loginshell: /bin/bash
    mail: your_account@nao.ac.jp
    gecos: Your Name


6.1.3 modify_userinfoコマンド

ログインシェル、メール転送先アドレス、パスワードを変更します。
使用方法
    $ modify_userinfo [-hpmsv] [引数] 
オプション
    -h ヘルプメッセージを表示し終了します。
    -p パスワードを変更します。
    -m メール転送先アドレスを変更します。
    -s ログインシェルを変更します。指定可能なシェルは以下の通りです。
      /bin/bash (/usr/local/bin/bash) 
      /bin/tcsh (/usr/local/bin/tcsh)
      /bin/csh
      /bin/ksh
      /bin/sh
      /bin/zsh (/usr/local/bin/zsh)
    -v バージョンを表示し終了します。


6.1.4 nfsdfコマンド

「/lfs[01-16]」の空き容量を降順に表示します。
使用方法
    $ nfsdf



ADC
2019-10-18