トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

IDL の起動不可・強制終了時の注意点

IDL の起動不可・強制終了時の注意点

[対話型解析サーバ(kaim* & kaih*)][バッチシステム(kaibm*)][端末ワークステーション(sbt* & alt*)]

以下の IDL の起動不可, 強制終了時の注意点をご連絡します。

[問題・症状1]
IDL を強制終了(*) させると、その後起動ができなくなる場合があります。

[原因]
強制終了時に IDL の設定ファイルが破損し、起動時に IDL の初期化ができず、
起動できなくなると考えられます。

[回避策]
同様の事象が発生した際は、以下のいずれかをお試しください。
 - 「~/IDLWorkspace」のリネーム
 - 「~/.idl」のリネーム

(*) IDL の強制終了方法は以下の2つです。
 - コマンドラインから Ctrl+C にて終了する。
 - プロセスを直接 kill する。
  (オプションなしで実行し、kill されなければ '-9' オプションを使用する。)

また、上記の方法どちらでも、ファイルが破損する場合があります。

[問題・症状2]
ログイン後にシェルを変更した場合、IDLが起動できません。

[原因]
サブシェル(ログイン後にシェルを変更した状態)では、IDLの環境設定ファイルが
読み込めないため、IDLが起動できません。

[回避策]
シェルを変更した場合、一旦ログアウトしてから、再度ログインしてIDLを起動してください。
シェルを変更する際は、chshなど一般のコマンドは使わず、「modify_userinfo -s [ログインシェル]」
(ユーザーズガイド「解析システム独自コマンド」参照)をお使い下さい。

最終更新時間:2018年06月13日 14時01分01秒