トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

MCSREDの起動方法

MCSREDの起動方法

[多波長解析システム全体][対話型解析サーバ(kaim* & kaih*)][端末ワークステーション(sbt* & alt*)][バッチシステム(kaibm*)]

mcsredをIRAFからロードすると、デフォルトではMCSRED2が起動します。
MCSREDを利用したい場合は以下の設定を行ってください。

<login.cl の修正>

task $mcsred=/usr/local/subaru/MCSRED/mcsred.cl
set dir_mcsred="/usr/local/subaru/MCSRED/"

<sh/csh 設定ファイルの修正>
sh, bash の場合:~/.bashrc と~/.bash_profile の両方へ以下の 1 行を追記する。

export MCSRED_DIR=/usr/local/subaru/MCSRED

csh, tcsh の場合:~/.cshrc へ以下の 1 行を追記する。

setenv MCSRED_DIR /usr/local/subaru/MCSRED

最終更新時間:2018年06月29日 15時18分38秒