トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

CASA 4.7 より前のバージョンについて

CASA 4.7 より前のバージョンについて

[多波長解析システム全体][対話型解析サーバ(kaim* & kaih*)][端末ワークステーション(sbt* & alt*)]

現在の多波長データ解析システムのサーバ・端末WS等の OS は、
全て Red Hat Enterprise Linux 7 (RHEL7) になっています。

バージョン 4.7 より以前の CASA については、RHEL7 上での
動作確認・動作保証がありません。

このため、CASA 4.7 よりも前のバージョンについては、多波長
データ解析システムにはインストールできませんので、ご了承
ください。

最終更新時間:2018年06月26日 13時46分56秒