トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

日本語入力、変換設定の方法(端末WS編)

日本語入力、変換設定の方法(端末WS編)

[端末ワークステーション(sbt* & alt*)]

[端末WSでの日本語の入力方法]

1. 環境設定で日本語環境を設定する

[sh, bash の場合]
~/.bashrc に 以下を追加する。

export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
export LANG=ja_JP.UTF-8

[csh, tcsh の場合]
~/.cshrc に以下を追加する (~/.cshrc がない場合は作成する)

setenv LC_ALL=ja_JP.UTF-8
setenv LANG=ja_JP.UTF-8

2. ibus の日本語環境設定

  • アプリケーション→システムツール -> 設定 -> 地域と言語を選択
  • 入力ソースの「+」ボタンを押して追加画面を起動
  • 日本語を選択 -> 「日本語(Kana Kanji)」を選択
  • 入力ソースを追加した「日本語(Kana Kanji)」にする

3.日本語入力の選択

「Super (Windowsキー)+Space」を押すと「あ 日本語 (Kana Kanji)」が
選択できるようになっているので、それを選択する。
以後、「Super(Windowsキー)+Space」で入力切り替えができます。

注意点

・RHEL6 の時と、少し手順が変わっていますので、ご注意ください。
・上記の手順を行っても日本語入力ができない時は、一旦ログアウト
 (X環境の終了)して、再度ログイン(X環境の起動)を行ってください。
・1 の環境設定の手順を省略すると、ソフトによっては日本語環境で起動しても
 正常に日本語入力できない場合がありますので、上記の手順を推奨します。
・また、1 の環境設定時に、UTF-8 を設定することを推奨します。
 UTF-8 を設定することによって、多くのソフトで日本語入力が可能になります。
 一部ソフトは UTF-8 に対応していないものもありますが (kterm 等)
 その場合は必要に応じて、日本語環境の設定を変更して下さい。

最終更新時間:2018年09月28日 11時34分37秒