4. 計算機の利用方法

多波長データ解析システムは4つの計算機群とそれらに付随する周辺機器から構成されています。計算機群は対話型解析サーバ群、バッチ型解析サーバ群、端末ワークステーション群、リモートログイン用端末計算機群から成り、これらにプリンタや外部記憶装置等の周辺機器が接続されています。本章では各計算機群の利用方法について説明を行います。



Subsections

ADC
2019-07-19