3. アカウントの取得方法

多波長データ解析システムを利用するためには解析システムの利用申請を行う必要があります。利用申請を行うことで解析システムのアカウントが発行され、解析システムの計算機にアクセスできるようになります。ユーザが使用する端末が天文台ネットワーク(KTnet)に接続している場合はSSH接続で解析システムのサーバに直接アクセスできます。一方端末が天文台ネットワークに接続していない場合は、天文台ネットワークへのVPN接続を確立した後、SSH接続で解析システムのサーバにアクセスする必要があります。天文データセンターではVPNサービスも提供しておりますので、天文台ネットワークに接続されていない端末から解析システムを利用する可能性のある方はVPNサービスの利用申請も行って下さい。また解析システムではグループIDの提供も行っております。研究者間でデータを共有する必要がある場合は合わせて申請を行って下さい。



Subsections

ADC
2019-10-18