1.1 多波長データ解析システムについて

国立天文台天文データセンターでは共同利用計算機システムとして多波長データ解析システム(以降、解析システム)の運用を行っています。解析システムはあらゆる波長の天文データの解析を行うことを目的として構築されており、計算機にインストールされた100種類以上のソフトウェアによって、国内外の天文観測機器のデータの整約と解析を行うことができます。

解析システムは対話型解析サーバ群、バッチ型解析サーバ群、端末ワークステーション群、リモートログイン用端末計算機群という4種類の計算機とその周辺機器から構成されています。これらの計算機の中で対話型解析サーバ群が天文データ解析を行うための主力計算機です。ユーザはSSH接続で対話型解析サーバ群にログインし、データ解析やバッチ型解析サーバ群へのジョブの投入を行います。また三鷹キャンパスの南棟共同利用室にはリモートログイン用計算機端末群が、すばる棟共同利用室及びALMA棟101号室には端末ワークステーション群が設置されており、それぞれの端末で対話型解析サーバ群へのリモートアクセスや簡易なデータ解析を行うことができます。

解析システムは「天文観測データの解析的な研究」に用いるために用意されているものであり、数値計算・シミュレーションを行う事は禁止しております。それらの研究を行いたい方は、天文シミュレーションプロジェクト(Center for Computational Astrophysics)が運用する計算機システム(http://www.cfca.nao.ac.jp)をご利用ください。



ADC
2019-10-18